出版記念パーティとラタ20周年

Category : 日々
「直感のレシピ」刊行にあたり、ささやかながらラタ主催で
出版記念パーティを開催することになりました。

そして今年はラタが開講してなんと!

20年目となります。

あっという間の時間でしたが、
20年の感慨は、また別の機会に。。。

名簿に残っている方々全員に記念パーティのDMを出して告知させて頂いておりますが、

お引越しされていて連絡がつかない方もたくさんいます。

もし、こちらのブログをご覧になって久しぶりにラタメンバーに会いたい!

という方は直接ラタへご連絡くださいね。

harada@rata-win-win.com

2017年11月11日 12時~14時半

場所は直接お伝えいたします。

テオ・ヤンセンの展覧会

Category : アート
嬉しいけれど、開催は沖縄かぁ。。。

http://mariamaring.blog76.fc2.com/blog-entry-67.html

image1_2017101220554474b.jpg

森の蜂蜜

Category : 料理
今年の4月にオーストリアに行ってきたのですが、

オーストリアといえば
蜂蜜が有名なのだそうです。

宿泊していたホテルにも蜂蜜が売っていて
荷物が重くなるのはわかっていながらも、

なんとなく手づくりっぽい蜂蜜に心惹かれて
全種類買ってきてしまいました。


日本に戻ってきて、ラベルを翻訳して、
何の蜂蜜かをひとつひとつ調べてたんですが、

『WALDHONIG』

という、これだけは翻訳で出てこない。

検索してみたところ
オーストリアにしかない(らしい)、その名も

「森の蜂蜜」

ワルドホニッグと読むそうです。

人工的に栽培されている植物や
園芸など人間の手によっての植物ではなく、

野生の植物の花々を蜜源とする蜂蜜で、
(辻調理専門学校さんの食のコラム&レシピより)

森の中のおもに針葉樹と、
それに寄生する昆虫の分泌物でできる蜂蜜。

確かにほかのものより色が濃いです。

マクロビオティックでは基本、蜂蜜は使わないのですが、

蜂蜜を熱々のお湯に溶いて飲むのは
私にとって子供のころからの冬の風景です。

今年の冬は森の蜂蜜で飲もうかな。。。



そろそろ北海道は寒い季節に突入します。




↓ラベルもワイルド!森っぽい

image4_2017100322361112e.jpg

森は家族コミュニティ

Category : 日々
TEDで面白い記事を見つけました。

森の話です。

この話をしているスザンヌ・シマード女史も言っていますが、
森はまるで社会共同体か家族のように存在して交流している。

森には「母なる木」というのがあって、
その木が若い木々を育てているそうです。

カバの木ともみの木は協力し合っていて、
スギは自分だけの世界にいるという木の性格も面白かった。

森の生殖器はキノコだそうです。
忘れがちですが、森には菌体系の環境も同時に存在しています。


母なる木はたいてい古木なので、伐採されてしまうこともあります。

そうなると森は共同体の体系を崩され、
森としてだんだん機能を果たさなくなってしまうそうです。

そんな森の在り方は、
部族の社会を思い出させます。

長がいて、シャーマンがいて、独自の文化と規律があって、

一つの完成形がある。


その完成形に侵略者が入ってきて、

すべてを壊してゆく。


菌の体系ができる時間の長さ

木々が育つ時間の長さ

そして、文化が育つ時間の長さ


体系が成熟する時間の長さを考えるとき、
そこには大いなる畏怖の念がないといけないですね。



https://www.ted.com/talks/suzanne_simard_how_trees_talk_to_each_other/transcript?language=ja

子供連れ♡上級クラス

Category : マクロビオティック教室
2017jyoukyuu9gatu_20170917231755c3a.jpg


昨年の初級クラスで途中、三人の赤ちゃんが誕生しました。
今年度、その三人のママは赤ちゃん連れで上級クラスを受講してくれています。

おチビちゃんたちもそれぞれ1歳になりましたよ。

お腹の中にいたときからラタに通ってくれているんです。



三人の美しいママ達と、未来のイケメン二人&美人ちゃんと。

image1_20170917232822f88.jpg

プロフィール

ラタ

Author:ラタ
Rata*マクロビック教室、札幌
http://ratawinwin.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR