森の蜂蜜

Category : 料理
今年の4月にオーストリアに行ってきたのですが、

オーストリアといえば
蜂蜜が有名なのだそうです。

宿泊していたホテルにも蜂蜜が売っていて
荷物が重くなるのはわかっていながらも、

なんとなく手づくりっぽい蜂蜜に心惹かれて
全種類買ってきてしまいました。


日本に戻ってきて、ラベルを翻訳して、
何の蜂蜜かをひとつひとつ調べてたんですが、

『WALDHONIG』

という、これだけは翻訳で出てこない。

検索してみたところ
オーストリアにしかない(らしい)、その名も

「森の蜂蜜」

ワルドホニッグと読むそうです。

人工的に栽培されている植物や
園芸など人間の手によっての植物ではなく、

野生の植物の花々を蜜源とする蜂蜜で、
(辻調理専門学校さんの食のコラム&レシピより)

森の中のおもに針葉樹と、
それに寄生する昆虫の分泌物でできる蜂蜜。

確かにほかのものより色が濃いです。

マクロビオティックでは基本、蜂蜜は使わないのですが、

蜂蜜を熱々のお湯に溶いて飲むのは
私にとって子供のころからの冬の風景です。

今年の冬は森の蜂蜜で飲もうかな。。。



そろそろ北海道は寒い季節に突入します。




↓ラベルもワイルド!森っぽい

image4_2017100322361112e.jpg

昆虫食

Category : 料理
昆虫食がひそかにブームですね。

10年前から、絶対にこれ、流行る‼️
と、こっそり勉強してました。

「ハチの子とゴキブリの雑煮」
「セミの煮付け」
「ナメクジの酢みそ和え」
「クモと卵のファルシー」

・・・

と、本には魅惑的なネーミングの料理レシピが
たくさん載ってます。

食べれない虫はほぼいない。
だいたいが食べれるそうです。

残念なことに未だ眺めるだけで、実践にはいたっていません。

食材の調達も自ら捕獲せぬばなりませんので、
なかなか勇気が要るのです。

今日、生徒さんから、私が昆虫食〜って騒いでいるのを知っていて、
虫のお菓子をプレゼントでいただきました(笑)
ありがとう💦

タイのお土産。
ワームのスナック菓子です。
クリスピーと書いてあります。

未だ封を開けられずにいるわたくし。。。

かわいいイラストが、何かを暗示している気がしてなりません。



shashi.jpg

Category : 料理
121101_1806~01

夜なべして栗の皮むき!

過日の強風にて、またまた大量に栗が落下しました。

栗ご飯は第一弾で妹が作ってくれたので、今度はお返しにお正月用、栗の甘露煮を作ります!

粘土を食べる「粘土食」

Category : 料理
「粘土食」の本を発見!

NASA宇宙飛行士も放射線対策で食べていた!? 「粘土食」自然強健法の超ススメ(超☆はらはら)NASA宇宙飛行士も放射線対策で食べていた!? 「粘土食」自然強健法の超ススメ(超☆はらはら)
(2012/03/13)
ケイ・ミズモリ

商品詳細を見る


実は、私は10年近く粘土食をやっております・・・
なんて言うと、かな~りひかれちゃいますね・・・

でも、こんな本が出るなんて、時代も変わりました。
変な人といわれなくて済みそうです。

料理教室でも何度かお奨めしたことがありましたが、あまりにも奇異だったようで・・・
美容パックはいいけれど、食べるのはNG!のようですが、

ミネラルもたっぷりで、オルタナティブ医学では薬でもあるんです。

放射線対策で宇宙食になっていたとは知りませんでした。

私が愛食(?)しているのは日本製。


好きな食べ方(飲み方?)は、コップにクレイの超微細粉をスプーン一杯山盛りに入れ、水によくかき混ぜて一晩置き、次の日、上澄み液を飲んだあとトロトロになったクレイをスプーンですくって頂くという食べ方。

かなりクリーミーです。

蜂蜜を混ぜて食べるところもあるということですので、今度トライしてみます。


OLIOL BALAGUER

Category : 料理
オリオール・バラゲの独創的なチョコレート。

120203_2007~01

(※これ、マクロビオティックのブログでは・・・?と突っ込まないようにね



前々回のブログで紹介させてもらったレストラン「エル・ブリ」で、デザートシェフだったオリオール・バラゲの
チョコレートが、2月12日までの札幌丸井の催事、サロン・デュ・ショコラで手に入ります。

札幌ではまだ知名度がないようで、店員さんから

「最初のお客様です」といわれました(!)

ご興味があれば是非。
プロフィール

ラタ

Author:ラタ
Rata*マクロビック教室、札幌
http://ratawinwin.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR