FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャウバーガー

Category :
本屋で買わずに家に戻ってから、どうしても気になってすぐアマゾンで購入した本。

奇跡の水 シャウベルガーの「生きている水」と「究極の自然エネルギー」(超☆わくわく)奇跡の水 シャウベルガーの「生きている水」と「究極の自然エネルギー」(超☆わくわく)
(2012/03/01)
オロフ・アレクサンダーソン

商品詳細を見る


“シャウベルガー”となっているので気がつかなかったのですが、届いてから読んでみると、ビクトール・シャウバーガーの本ではありませんか!!

荒又宏さんの「奇怪紳士録」でその昔、シャウバーガーを紹介していました。
(私は、それでシャウバーガーを知りました)

「奇怪紳士録」のシャウバーガーの項は、

『もうじきテオドール・シュベンクという人の噂が、日本でもささやかれるはずだ。』

という書き出しで始まります。テオドール・シュベンクは「カオスの自然学」という本の著者で流体力学論を自然の中で展開してゆく研究者ですが、シャウバーガーはテオドールの師です。

私がこの本を読んだのは96年で、そのころはライアル・ワトソンのものの見方に感銘を受けていた時代でしたので、シャウバーガーの視点にも興味が持てました。

たった4ページだけなのですが、それだけでも濃い内容です。

荒又が、シャウバーガーの評伝をスウェーデンの電気工学技師O・アレクサンデルソンが執筆している、と書いているのですが、それがこの「奇跡の水」。

読めて、嬉しい!かなり、おもしろいです。
内容が、時代に添ってきているのを感じました。

荒又が、多分原書で「奇跡の水」を読んでいるのが1982年ころ?でしょうか。
荒又ってほんとに凄いですね、あの先見の明には脱帽。

長年の自分の興味がこういう分野にあるのだということもやっとわかってきました。

カタカムナ(相似象)も、シーマティクス(サイマティクス)も、マクロビオティックも・・・

シャウバーガーは、いわゆる「マッド・サイエンティスト」といわれる分野の人なのですが、真摯な彼らの研究が、いま、どんどん世にでてきてますね。
うれし・・・


以下は参考にどうぞ・・・

奇っ怪紳士録 (平凡社ライブラリー)奇っ怪紳士録 (平凡社ライブラリー)
(1993/11)
荒俣 宏

商品詳細を見る


カオスの自然学―水・大気・音・生命・言語からカオスの自然学―水・大気・音・生命・言語から
(2005/04)
テオドール シュベンク

商品詳細を見る


Cymatics: A Study of Wave Phenomena & VibrationCymatics: A Study of Wave Phenomena & Vibration
(2001/07)
Hans Jenny

商品詳細を見る


静電三法静電三法
(2006/07/31)
楢崎 皐月

商品詳細を見る
プロフィール

ラタ

Author:ラタ
Rata*マクロビック教室、札幌
http://ratawinwin.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。