半断食

Category : マクロビオティック教室

手づくり工房ラタ15周年記念企画。
6月22日から26日まで、私のマクロビオティックの師、田中愛子先生をお招きして半断食をリードしていただきました。

「いつ呼んでくれるの?」と10年以上おっしゃって下さっていた先生を、やっとやっとお呼びすることができました。
細く、長く、マクロビオティックの教室を続けてきましたが、ようやく先生に来ていただいても大丈夫だ、と思えるようになりました。

私は21日に東京入りして、先生をお迎えに。

行きの飛行機で、厚い曇り空を抜けると、ものすごい雲海。
その上に飛行機の影が写り、その陰のまわりにぐうるりと七色の日輪が二重にかかっているのが見えました。

幸先がいいと一人喜ぶ私。

半断食は4日間というなかなかハードなものでした。
朝晩にゆるい玄米粥を少量いただくだけです。

峠を越えた後の、あのスッキリ感は、普通の生活にはない快感 !

いやいや・・・なかなかにすごかったですよ。

参加者全員、4日間を過ごし、無事宿便が取れ晴れやかな気分・・・?

とっても楽しい会で、みんなでまたやりたいと声があがるほど。

終わってからも数日は体がとても軽いのです。
確かにこれは何度でもやりたくなりますね。
13405765787162jpg.jpg
(↑待ちに待った、明けの食事。ところが、私たちにはこれが一番苦行だったのです


田中愛子先生のお話会も途中で挟みました。

もっともっと、大勢の人に聴いてもらいたかった。
私の力不足で、これだけが今回先生をお呼びしての唯一の後悔・・・
チラシを、ただ送って置いていただくだけではなく、忙しくても時間を作り、足を使って
場所場所、ご挨拶に伺うべきでした。

本当に貴重な機会でした。
おいでいただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
1340434943053.jpg


先生のご希望で、北海道神宮に早朝でかけたときのことを。

境内に入り、ご神前で手を合わせた瞬間に、絶妙なタイミングで、私たちの前に立った男性が
いきなり祝詞を奏上しはじめたのです。
祝詞をうたいあげる朗々とした声と、参拝者の開手を打つ音と、お賽銭を投げ入れる澄んだ鐘のような音とで
とにかく気持ちがよく、目を閉じ、観じ、至福のひととき。

神様からギフトをいただいたような気持ちで神宮を後にすることができました。

先生とのお出かけは、いつもこんな感じで、面白いことがいっぱい起こるのです。

たくさんの方々のおかげで、北海道の気をたくさん浴びてエネルギー・チャージしてお帰りいただくことができ、私も先生とともに、充実した時間をすごさせていただきました。


師にまた、再会できることを切に祈りつつ

プロフィール

ラタ

Author:ラタ
札幌のマクロビオティック教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR