お菓子つくりなれそめ

Category : マクロビオティックよもやま話
スィーツクラスがはじまって、お菓子の試作が増えました。

私の脳内も、

「これとこれと組み合わせて・・・」

と、お菓子のことで日々満ち満ちております。


普段は分量を気にしないで作っているお菓子。
お菓子作りは、子供のころからよくしていたので、ほとんど感覚でつくっています。

いま、こうして日々お菓子の試作をしていると、
小さいころを思い出します。


私がお菓子つくりにはまったきっかけは小学5年生の時に、おばがプレゼントしてくれた

『子供のためのお菓子作り』

という本。

くわしい図解と豊富な写真のおかげで、うん、これなら私にもできそう!


本に載っているすべてのお菓子をぜんぶ作るという野望をたて、
毎日毎日作っていました。


最初はゼリーとか、パンケーキとか、
身近にある道具で作れるものに取り組んでいたのですが、

あるときから、どうしても”これ”がないと先に進まないというモノがでてきました。

私のお菓子つくりの行く手を阻むあるモノ。


それは、、、オーブン。


で、6年生のときのクリスマスプレゼントに、マイ・オーブンをリクエストして買ってもらったのです。


そこからは、一気に世界が広がりました。
焼き菓子がレパートリーに入り、ケーキ、クッキー、
そしてシュークリーム♡


シュークリームは、何度挑戦したことか。。。
私、シュークリームが大好きで、絶対にこれ、成功させたかったんです。

当時のオーブンでは、シュー皮を膨らませるのに、かなり微妙な温度調整が必要でした。

数度目の失敗ののち、オーブンのなかで、シュー皮が膨らんだときの感激は今だわすれられない(笑)


シュークリームは、シュー皮を膨らませるのがとっても難しいうえに、
カスタードクリームとのダブルコンビで、大量に卵を使うのです。


卵を1ケース使って失敗。またスーパーに買いに走る。

なんていうこと、よくありました。

いま思えば、母はよくぞあんなに惜しみなく材料を使わせてくれてたなぁと、感謝しています。



お菓子の本は、中学生になってコンプリート達成!!


高校生の時には、気分転換に

「スポンジケーキでも焼くかな~」

と、真夜中に泡だて器を持ち出し、
ケーキを焼きだす、というほどお菓子つくりが身についていました。



そこから数十年後の今。


キッチンで、研究みたいにお菓子を創っていた幼い時の日々がよみがえっています。
あのころの情熱が、私の原動力になっているのはまちがいないですね。

今もお菓子つくりに熱中ちゅーです。



↓これはいわゆるシュークリーム


shu-kuri-mu.jpg






プロフィール

ラタ

Author:ラタ
札幌のマクロビオティック教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR