FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「田舎暮らしラプソディ その2」

Category : 本を出します


★今年の8月に本を出版します★


本の内容はラタをはじめる前の経験をまとめたものとなっています。

試行錯誤して生きていた30代。
田舎暮らしをして、ネィティブ・アメリカンとの出会いがあって、

そこからいろいろなことがありました。

非日常にあふれていた経験を一冊にまとめたものですが、
自身の人生前半戦の備忘録ともなりました。

そんなエッセンスを少しでも感じていただければと思い、
過去に子育てグループの冊子にインタビューされた記事を
少しづつ載せていっています。

今度出版される本には、もっとたくさんのエピソードが書かれていますので、
ご興味ある方は、ぜひお手に取ってみてください。

===========================

「田舎暮らしラプソディ  その2」


それまでの私たちのように都会で普通の生活をしているのと並行に、
こういう田舎で昔の生活をしている人がいたのね・・・と。

そういうのをはじめて間近かで見て、ちょっとショックでした。

東京で子供が生まれたとき、
何を食べさせたらいいのかわからなくて「生活クラブ」に入っていました。

そこでは食べる物は自分たちが考えている以上に
大事にしなくてはいけないと気づくきっかけになりました。

また、国立では幼稚園に子供を行かせない母親のグループに入っていて自主保育をしていました。

国立は一般的に教育意識が非常に高いところだったので、
あえて幼稚園に行かせないで子供たちを小学校に上がらせるのは
とても勇気がいることだったのです。

その中で活動しているお母さんたちはその先をいく、
もっと意識が高い人たちでした。

そこにいて私も環境のこと、食のことなど、
要するに子育てを通して見えてくるもの、
そういう素地だけはできたようです。

田舎に入って、それが具体的に自分の前に事実として現れてきて、
いろんなことを考えさせられて、
なおかつ行動していかなくてはなりませんでした。


(2001年 インタビュアー:井藤ケイ)

=========================

*自主保育が国立に残っていたことが奇跡でした。
一橋大学の敷地が自主保育の定番の遊び場で、子供たちが飽きるまで
そこで自由に遊ばせるというスタイルです。
生活クラブは今も続けています。
食の安全への取り組み基準が厳しいので、
こちらで取り扱うものは安心して子供たちに食べさせることができました。


Comment

非公開コメント

プロフィール

ラタ

Author:ラタ
Rata*マクロビック教室、札幌
http://ratawinwin.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。