「田舎暮らしラプソディ  その5」

Category : 本を出します

★今年の7月に本を出版します★


本の内容はラタをはじめる前の経験をまとめたものとなっています。

試行錯誤して生きていた30代。
田舎暮らしをして、ネィティブ・アメリカンとの出会いがあって、

そこからいろいろなことがありました。

非日常にあふれていた経験を一冊にまとめたものですが、
自身の人生前半戦の備忘録ともなりました。

そんなエッセンスを少しでも感じていただければと思い、
過去に子育てグループの冊子にインタビューされた記事を
少しづつ載せていっています。

今度出版される本には、もっとたくさんのエピソードが書かれていますので、
ご興味ある方は、ぜひお手に取ってみてください。

===========================


「田舎暮らしラプソディ  その5」


住んでいたところは米どころだったからお米をよくもらいました。

田舎でお米をつくっている人は玄米で貯蔵して、
食べるときに精米するのが当たり前だから

「つきたてのおいしいお米を食べて」

と玄米をよくもらいました。

でも私たちには精米機がなかったし、
食べるたびに精米する習慣もなかったので

「玄米で食べてみよう」

ということに。


そこで気づいたのは、
玄米は洗わなくて済む。

ということは排水が減るということでした。

とぎ汁には独特の油膜があるため水に浸み込まなくて、
土がべとべとになるのです。

それから食べたらとても腹持ちがいいのです。
今まで2膳食べていたところが1膳になるくらい。

朝のご飯が少し残り、
それまで薪で3度3度炊いていたのが
1日に2回となり経済的でした。

そんな風に玄米で食べることは
私たちの生活の理にかなっていることに気づいたのです。


(2001年 インタビュアー:井藤ケイ)

===========================

*田舎暮らしの最初のころは、薪に火をつけることさえできませんでした。
薪を乾燥させるということすら知らなかったくらいです。
それが最後には、
食事のすべてを薪で賄えるほどにまで上達してしまいました。
田舎暮らしを引き上げるとき、
最後の最後まで捨てることを迷ったものが竹で作った「火吹き棒」。
この棒とは一心同体でしたから、別れが本当に悲しかったです。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ラタ

Author:ラタ
札幌のマクロビオティック教室です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR